今なら無料登録するだけで500円クーポンプレゼント中♪【ロッテ オンラインショップ】

マッチ売りの少女ならぬ、トマト売りの少女の話

あっという間終電タイム

 

さっきのお店を出たあと

 

テクテク歩き始めたら

 

 

マッチはいかがですかぁ〜

 

マッチはいかがですか〜〜

 

 

 

と、言わんばかりの

 

見知らぬ女の子が、立っていた。

 

 

 

あの〜

 

今日、これ、売れ残ってしまったので

もし

良かったら

 

買って頂きたいのですがぁー

 

 

 

 

ふむふむと

 

中を、見せてもらったら

 

 

でっかいトマトが

 

10個ほど

 

ダンボールに入っていた

 

いくら?

 

300円です

 

どこ産?

 

熊本です

 

買うわ❣️

 

もしも、まずかったら、

 

300円全額お返しします!

 

 

って

 

もう、会えないと

 

思うから

 

 

大丈夫よ。

 

 

 

 

そんな、ことより

 

深夜12時過ぎに

 

路地に立って

 

寒いなか、手袋もせず

 

少ないひと通りの、小道で

 

どこの誰だか、わからない

人に

 

ひとり、ひとり

 

声かけながら

 

今日、売れ残ったトマトを

こんな寒いなか

こんな深い時間帯に

根性で、売っているなんて❗️

 

 

この人は、いったい、これを売り切って

 

オーナーさんから

 

いくら、もらえるんだろう?

 

 

随分、まだ、残っていたので

 

もっと、沢山買ってあげたかったが

 

俺は一人暮らしだから

 

一つで、十分だった。

 

 

一緒にいた、おともらちも、一つ買った。

 

 

 

トマトは、残り8コくらい。

 

 

振り向いたら

 

すでに、ひと通りは、ゼロになっていた。

 

 

 

深夜12時過ぎに

 

トマトを売り歩くなんて

 

 

まるで

 

マッチはいかがですか〜〜?

 

 

マッチはいかがですか〜〜?

 

 

 

で、

 

 

 

子どもの時に衝撃を受けた

 

マッチ売りの少女

 

 

話を、ふと、思いだした。

 

 

 

300円の、トマトを

 

寒い中、道路で、手売りして

 

 

いったい、いくら、配当

 

もらえるのか?

 

 

 

その、やり取りを見ていたら

 

 

 

 

俺なんか、

 

週休7日制とは、言え

 

はるかに恵まれていて

 

毎日ぬるま湯生活をダラダラしていて

 

誠に申し訳ない気持ちになった。

 

 

 

 

 

こうして、

売れ残ったトマトを売りながら

 

たくましく

生きてる子を見ると

 

もしも、道路で

同じような人と、遭遇したら

 

 

その人から

 

極力

 

何かを、買ってあげたい

 

 

そんな

 

気持ちになった。